2021年7月10日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で14年ぶりの本拠地アーチとなった中日ドラゴンズの福留孝介について元横浜の平松政次と元中日の立浪和義がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



福留のヒーローインタビューの一部

福留 追い込まれていたんですけど、バットの芯には当たってくれていたので。まあ皆さんの声援で届いてくれたんじゃないかなと思います。

 

 

福留を語る

この日の福留の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 レフト前ヒット
3打席目 ライトホームラン(打点1)
4打席目 ライト2塁打
打率.247 本塁打2 打点8(7/10の試合終了時点)
14年ぶりの本拠地アーチ!

 

アナ 中日がDeNAに勝利。まさに福留劇場ということになりました。立浪さん、44歳の福留選手です。

 

立浪 凄いです。本当にまだまだ体も元気ですし、スイングも元気ですよね。

 

アナ はい。

 

立浪 昔からそうですけど、前さばきで体が泳いだ感じでも体が残ってバットが前で走ってますからボールは飛びますよね。

 

アナ 立浪さんは40歳で引退されましたが。

 

立浪 44歳までやるなんて考えられないですね。しかも守備にも就いて試合に出てますからね。

 

アナ 平松さんは福留をどう見ますか?

 

平松 やっぱり技術は素晴らしいものを持ってますよ。

 

アナ うーん。

 

平松 フォローが大きいでしょ。だから意外にボールが飛ぶんですよね。まだまだ十分に力はありますよね。

 

アナ 本当に頼もしい限りです。

 

 

以上です。

飛距離もあるのが凄い。
おすすめの記事