2018年4月20日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvsオリックス戦で見事に2失点の完投をした楽天の則本昂大について元巨人のデーブ大久保とヤクルトで監督をしていた真中満がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



【この日の則本の投球内容】

9回110球、被安打7、奪三振11、四死球1、失点2

今季通算2勝1敗 防御率3.00(4/20の試合終了時点)

 

 

アナ これぞエースというようなピッチングだったでしょうか。

 

大久保 そう。そこには則本の性格もすごくあって、今日の則本って6連戦中の2カード目の頭になるわけじゃないですか。

 

アナ はい。

 

大久保 そうするとピッチャーをいかに使わないでいるかってすごく大事なんですよ。

 

アナ あー。

 

大久保 もし完投してくれれば、明日から土日の2試合があるのに全員休めるという状態じゃないですか。それを当然分かっていて、空気を出すんですよ。「今日は完投します!何点取られても僕は完投します!」って。それで松井にセーブを付けてあげたい時なんかは「あ、いいですよ 松井にセーブつけさせましょう」っていうとこまで考える。

 

アナ へぇ~。

 

大久保 それで今日良かったのは完投するんだけど、前回と違って最初から腕をバンバン振って初回からピンチぐらいの気持ちの入りだったのが良かったなあと。それで真中監督でやった時に6連戦とかある時にやり繰りが大変だったんじゃないですか?

 

真中 はい。6連戦の3つ目と4つ目あたりは完投能力のあるピッチャーがいると助かりますよね。

 

大久保 そうですよねぇ。

 

真中 やっぱり、中継ぎが登板過多で休ませたい事が多いんですよ。その中でこういうピッチャーがいるとチームとして助かります。

 

大久保 真中監督は何連投までやったんでしたっけ?

 

真中 3連投までですね。それ以上はしないようにしていましたけど、状況によっては延長に入ってしまったりすると連投させる状況もあり得ますよね。

 

大久保 そうですよね。それをなくしてくれるような今日の完投なんです。

 

アナ これぞエースという感じですよね。

 

 

以上です。

則本の完投は本当に見事でした。真中が言っているように最近は3連投までと制限をつけているチームが多いような気がしますね。中継ぎはやはり大事なんで気を遣ってあげないといけませんよね。

おすすめの記事