2020730日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で今季2度目の先発で7イニングを自責点1という内容だった阪神タイガースの藤浪晋太郎のピッチングについて元横浜の高木豊、元巨人の斎藤雅樹、中日で監督をしていた谷繫元信がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



この日の藤浪の投球内容
7回115球 被安打8 奪三振10 四球1 失点4(自責1)
バックのミスもあり失点4だが自責点は1

 

稲村 阪神は終盤にエラーから失点しヤクルトに敗れました。雅樹さん、熱視線はどこになりますか?

 

斎藤 藤浪ですね。今日は良かったと思います。

 

高木 もったいなかったですよね。

 

斎藤 そうでしたね。今日、一回り目はほとんど真っ直ぐだったんですよ。それで2回裏に1点取られるんですけど、真っ直ぐは速いぞと意識付けはさせたんですよね。

 

高木 はい。

 

斎藤 それで二回り目からは変化球を混ぜていったんですよね。

 

高木 まあ、抜けてるボールがほとんどなかったですよね。

 

斎藤 なかったですね。それで変化球もいいところに行ってたので好投したと思いますね。

 

高木 はい。

 

斎藤 それで結局、7イニング投げてフォアボールが1個だけですから。

 

高木 ゲームをしっかり作れましたね。

 

斎藤 そうですね。

 

高木 それで今日のヤクルト打線が8番の西田以外、左をズラっと並べてきましたよね。

 

斎藤 そうでしたね。

 

高木 これは例えば雅樹さんみたいなサイドスローで左を並べられた時ってあると思うんですけど、これは藤浪にとってはどうだったんですかね?

 

斎藤 僕はこれが逆に藤浪にとってはかなり良かったんじゃないかと思いますね。

 

高木 好投を呼び込んだと。

 

斎藤 はい。やっぱり藤浪にとって一番怖いのが右バッターに抜け球が出だすと、デッドボールが頭にチラつくと。そこで意識し過ぎて逆に引っかけたりするのが多くなって悪循環にハマるというのがあるんですよね。

 

高木 なるほどね。

 

斎藤 今日は左ばっかりという事でいくら抜けても関係ないという気持ちになれましたんで、本人的はスゴく投げやすかったのかなと思いますけどね。

 

高木 なるほど。谷繁さん、藤浪を受けると考えて、こうやって左が並ぶのはキャッチャーとしてはどうなんですかね?

 

谷繁 まあ、楽でしょうね。

 

高木 はい。

 

谷繁 藤浪はあんまり中に入って来るボールというのがないんで、どうしても外に外に行くじゃないですか。

 

高木 そうですね。

 

谷繁 だからいい具合にストレートが外に逃げてくれるのかなと。

 

高木 なるほど。だから思い切りストレートで腕が振れるということですね?

 

谷繁 そうですね。

 

高木 なるほど。藤浪はピッチャーとして今後どうやっていくのか、頑張ってほしいです。

 

 

以上です。

かなりいい投球してました。
おすすめの記事