2020127日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2020』で広島カープのキャンプの見所であるショート争いについてヤクルトで監督をしていた真中満、元中日の谷沢健一、元横浜の高木豊がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



アナ 菊池選手が残留して内野手争いにけっこう注目が集まりそうですが。

 

真中 そうですね。セカンドは菊池選手だとは思うんですけど、注目はショートですよね。2年目の小園選手と去年状態が上がらなかった田中広輔選手ですよね。

 

2019年の比較
小園 58試合 率.213 本3 点16 盗1
田中 97試合 率.193 本3 点27 盗8

 

真中 この2人がどう争うか。

 

谷沢 豊さん、田中は極度の不振でしたよね?

 

高木 膝が悪かったみたいですね。

 

真中 はいはい。

 

高木 そこら辺でクリーニング手術をして、ショートに収まれば、小園といい勝負になるし。だから、どちらかがサードに回る確率が高いでしょうね。

 

谷沢 田中のサードもちょっとあるね。

 

高木 ありますね。そうしたら安部とか、堂林とかがいるんで、ここら辺の争いが出てくる。非常に面白いと思いますよ。

 

真中 そうですね。これ小園選手のプレーをまた見てみたいという思いもあるし、楽しみな争いですよね。

 

高木 うん。それで言えば確実に数字は上がるでしょうからね。

 

真中 はい。そして田中選手もこのままでは終わらないでしょうからね。

 

高木 このままでは終わらないね。

 

谷沢 やはり小園は先輩にも臆することなく話し掛けたりしてるしね。

 

真中 してますね。

 

谷沢 そういう意味では非常に度胸の据わった若手ですよね。

 

高木 例えばポジションを獲って、1年間は我慢して使うとなったら大きな選手になりますよ。

 

真中 なりますね。まあ、この2人の争いも注目ですよね。

 

 

以上です。

田中もこのままでは終わらないでしょう。
おすすめの記事